「トンドの夢想家達」展

大変な酷暑となって、外出もままならない日々が続いております。

8月現在、開催中の展示についてのお知らせです。



すでに三日間、展示が行われています。
残り、五日。

50点以上の展示とあって、大変面白く、見ごたえのあるものになっています。
金曜日・土曜日のみの開場のギャラリーです。今月いっぱい展示されるようですのでよろしければどうぞ。




「トンドの夢想家達」展
Galerie Or・Terre(ギャラリー オル・テール)
画像

画像


〒104-0031 中央区京橋1-6-10 B1

TEL.050-1143-6688



http://or-terre.jimdo.com/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9/

「方形絵画は、歴史的に見て建築物の属性で現世的・地上的であり(たとえ天上的神話がテーマであっても)、

重力に縛られている。逆に円(トンド)は、球・天体・宇宙空間に通じ、大いなる自由な夢想を喚起させるだろう」



会期: 
2013年16日(金)17日(土)、23日(金)24日(土)30日(金)

*金曜日・土曜日のみの開場となります。

時間: 
13:00~19:30



参加作家:
浅野信二・伊豫田晃一・江崎五恵・大森伸樹・柏田忠・かじのもと・北見隆・岸塚正憲・坂上アキ子

坂本祐梨・平千賀子・高松潤一郎・高松ヨク・高田美苗・武盾一郎・建石修志・田中章滋・土屋恭子

中川知洋・中嶋清八・西川正美・長谷川桑知子・林千絵・林由紀子・ポオ エ ヤヨ・松宮直子

百瀬靖子・渡辺光也・井関周  (アイウエオ順 敬称略)

私の展示作品は、計6点です。


画像


画像









「イカルス遠き空を墜ちつつ向日葵の蒼蒼として瞠くまなこ」
塚本邦雄『日本人霊歌』(1958年)


http://www.sunagoya.com/tanka/?p=10227
こちらのページで紹介されている塚本邦雄の短歌です。

まさに息を呑む。こんな短歌が書けたら・・・とため息が出ます。

色彩も情景もその場にいるようです。
時期を夏とし、向日葵を、青年の死を見つめるまなざしとして描く。
夏は特別な季節です。
常套といっても、やはり青年の死は真夏にこそふさわしい。









この記事へのコメント

さんがつ
2013年08月14日 22:49
塚本さんは、私の先生でした。。。
清八
2013年08月14日 23:06
驚きました。
このようなかたちでつながるとは思いませんでした。
さんがつさんが短歌を書いておられて、とても羨ましく思っていました。

この記事へのトラックバック