「幻想耽美―現代アートにおけるジャパニーズエロチシズム」展のお知らせ

6月展示予定の人形が、ほぼ完成です。

「ドレスの少女」
2015
人形サイズ90cm 石粉粘土、胡粉、アクリル、ガラス眼、人毛 
ケース外寸1250mm×390mm×300mm


ドレスを着た少女の人形です。
ソーイングの本を何冊も勉強しまして慣れないミシンを使って下着を縫ったりと、衣装作りでずいぶん時間がかかってしまいました。

画像


画像


画像


それにしても縫いにくい生地を使ってしまったもので、何度もやり直しをしてしまいました。


衣装を着ていてわかりませんが、腹部には楕円形の関節が入っています。
写真には写っていませんが靴は脱ぐこともできます。

画像



ときおりケースなどに作品の通しナンバーを入れるようにしていますが、今回で16番目となりました。

画像



今回も木製ケースに入れて展示の予定です。
側面背面が見られないのですが、展示中の破損汚損の心配から、やむを得ません。


展示はこの一点のみです。
6月の17日から、渋谷のBunkamura ギャラリーで展示となります。
よろしければご覧ください。





画像


画像





「幻想耽美―現代アートにおけるジャパニーズエロチシズム」

36名の美の信奉者達による耽美の饗宴

2014年9月24日発売  「幻想耽美」 パイインターナショナル 発行 
http://www.amazon.co.jp/%E5%B9%BB%E6%83%B3%E8%80%BD%E7%BE%8E/dp/4756244955
に掲載された作家等による、展覧会です。


会場:Bunkamura/渋谷Bunkamura ギャラリー

東京都渋谷区道玄坂2-24-1
TEL/03-3477-9174

会期:2015/6/17(水)~6/28(日)

Open 10:00~19:30 
入場料無料 ・ 会期中無休

【Bunkamura Gallery 東急文化村ギャラリー】
http://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/150617genso.html



(平面)
東學、大友暢子、佳嶋、金子國義、黒木こずゑ、桑原聖美、沙村広明、須川まきこ、空山基、多賀新、たま、成田朱希、根橋洋一、長谷川友美、林アサコ、林由紀子、林良文、古川沙織、町野好昭、丸尾末広、森口裕二、山本タカト、山本じん、吉田光彦
(立体)
上野シゲユキ、オカムラノリコ、恋月姫、甲秀樹、清水真理、神宮字光、Dollhouse Noah、中嶋清八、衣(hatori)、三浦悦子、森馨、矢沢俊吾

≪トークイベント開催≫

ゲスト:谷川渥(美学者)、空山基(イラストレーター)、恋月姫(人形作家)

様々な視点から耽美の世界を追求し続けている御三方。日本独自のロリータファッションや世界中から注目を集めるオタク文化の基盤となった「耽美主義」、そして今回のテーマである「幻想耽美」について語って頂きます。

開催日:6/20(土)
開催時間:16:00~17:00
会場:Bunkamura Gallery
※50名限定。整理券を当日会場にて、10:00より配布いたします。
※無料でご参加いただけます。
※15:30~イベント準備のため会場をCLOSEさせていただきます。



今年はこの後、秋と冬に発表の予定です。
いずれも立体で発表の予定ですので、制作に時間がかかります。
今年に入ってからあまり他の作家の皆さんの展示にいけなくなってしまいました。
時間がとれればできるだけ行くようにはしてるんですけれど・・・

以前使っていたカメラが壊れてしまい、写真が思ったように撮れなくなってしまいました。
忙しいときに限ってこんなことが重なるものですね。




※当ブログ内の画像およびテキスト等を無断で使用、転載することは禁止しております。
(C) Seihachi Nakashima. All rights reserved.



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック