「ノスタルジー」 木村龍 菊地拓史 中嶋清八 山吉由利子 展のお知らせ

「ノスタルジー」
木村龍 菊地拓史 中嶋清八 山吉由利子 展

画像

画像


会場:ワイアートギャラリー
〒530-0027 大阪市北区堂山町15-17 ACT3-1F
tel:06-6311-5380 fax:06-6311-5388
お問い合わせメール info@yart-gallery.co.jp


会期:2018年10月10日(水)~21日(日)
時間:11:00-19:00  日曜日は17:00まで 月曜休廊


過去に想いを寄せ、時の流れを沈着に見つめる、4 人の誇り高きArtistの
驚異の作品たちをご紹介します。

Nostalgie 沈黙と平穏と夢と幸運との / 空しく永遠で束の間の幻影を
(フランスの詩人アンリ・ド・レニエ (1864-1936)の詩の一節)

木村 龍 / Ryu Kimura       
在廊日 10/10(水)
上記写真作品:「蝶」 直径約70cm ミクストメディア  2017年
・その他の出展作品 BOXに入った人形たち、彫像作品、油彩画

菊地 拓史/ tacji Kikuchi
在廊日 10/10(水)  
上記写真作品 「Swing-by - 2voyager -」
W24.5cm×D24.5cm×H15.5cm
ミクストメディア 2017年
・その他の出展作品 ブリコラージュされた壁掛けなど

中嶋 清八/ Seihachi Nakashima
在廊日 10/10(水) ・10/21(日) 
上記写真作品 「和服の少女Ⅱ」
人形サイズ 約84cm 2018年
素材:石粉粘土、胡粉、顔料、ガラス眼、人工毛 
木製ケース付属
・その他の出展作品 鉛筆画、写真 

山吉 由利子/ Yuriko Yamayoshi
在廊日 10/10(水)
上記写真作品:「ジェルソミーナ」
サイズ 65cm 2018年
素材:石塑 油彩 布 グラスアイ
・その他の出展作品 関節人形 、ビスクドール、 石塑人形

私の作品は新作球体関節人形1点と新作鉛筆画2点となります。
人形
タイトル:「和服の少女Ⅱ」
制作年:2018年 
素材:石粉粘土 胡粉 ガラス眼 人工毛
人形サイズ 約84cm
全面ガラス木製ケース付き

画像


画像


今回の橙色の着物は大正時代の骨董を使用しています。
橙色から緑色へのぼかしがこの時代特有の美しさです。
帯は明治時代の古布、帯揚げは昭和の初めごろのものです。いずれも骨董市をまわって見つけたものでした。
帯留めも骨董の指輪を改造したものです。

襦袢は骨董のものを、この人形用のサイズに仕立て直しました。

着物は中身の人形を作るのと同じくらいの手間がかってしまいました。

箱は今回新たに設計した木製のケース(前面ガラス蓋つき)です。
全体に製本用の革風クロスを貼っています。
真鍮プレート付き。
この箱も大変制作に手間と時間のかかるものでした。


画像



鉛筆画 新作

タイトル:「蕺草」
制作年:2018
イメージサイズ:178mm×308mm
素材:鉛筆 ケント紙
額サイズ:364mm×525mm

画像


ドクダミ、という漢字が表示されない場合があるようです。

季節はもう過ぎてしまいましたが。
ドクダミは小さく、意外に可憐な白い花を咲かせます。
ドクダミの咲く場所はどこか陰気な感じのする場所でした。
名前も気味が悪く、禍々しい草のように思ったものです。

あの沈んだような独特の匂い。
咲く季節が梅雨時だったからでしょうか。
蒸れるような不快感とあの匂いは私の中で特別なイメージと結びついています。

「白い追憶」という花言葉まであったとは知りませんでした。


鉛筆画 新作

タイトル:「芍薬」
制作年:2018
イメージサイズ:298mm×164mm
素材:鉛筆 ケント紙
額サイズ:513mm×350mm

画像


初日10日は参加作家4人全員が在廊します。
なかなか無いことですので、よろしくお願いします。


twitter @SeihachiN  https://twitter.com/seihachin 
facebook https://www.facebook.com/seihachi.nakashima?ref=bookmarks
instagram seihachi_nakashima https://www.instagram.com/seihachi_nakashima/

最近は以上のSNSでの告知がほとんどになっておりますので、最新の情報をご希望の方はそちらのフォローをお願いします。







この記事へのコメント

この記事へのトラックバック